鷺沢藍日のすきずき日誌

人一倍悩んできた若者によるブログ 人を楽しませる為の面白いブログを目指して勉強中 小説見習い

【キックフライト攻略】 ディスク 攻撃倍率(オマケつき)について

キックフライト攻略 ディスクの攻撃倍率(+オマケ)についての調査記事となります。 

 ※当該記事は2020年2月23ー24日にかけて行ったものです。それ以後のアップデート等により変化が生じるかもしれませんのでお気をつけください

 調査方法としましては同色4枚のカード構成で練習ステージに入り、各ディスクを相手に当てたときに表示された数値を、画面の右下に表示されている攻撃力のステータスで割った値を攻撃倍率としています。便宜上、小数第三位を四捨五入して表示していますので実際の計算結果とは少しだけ異なりますがプレイ上問題無いと判断しております。 また手書きかつ人力で行ったためもしかすると数字に誤りが存在する場合がございますがご了承ください。

また当該記事の内容から生じた損害等に関しましては一切責任を持てませんのでご了承下さい。一応ね。

 

ちなみにキラービレットとエアーブラスターは未所持のため割愛させて頂きます   

 

 また、おまけとしてキッカースキルとスペシャルスキルについても調査しました。

 

 

レアリティ カードタイプ カード名 攻撃倍率 備考
UR フレイムザウラー 4.3 吹き飛ばし
SR ホエーリア 2.7 吹き飛ばし
SR ゲコダルマ 3.2 5秒間移動速度中ダウン
SR マンタリオン 3.9 シビレ
SR ジャンクバレット 0.7(2.8) 8秒間攻撃力中ダウン 4発
ジェットハンマー 0.5 スタン
ボムスター 3.4
レッドブラスター 3.2
ブルーブラスター 3.2
ラピビッド 1.1 吹き飛ばし
アームドカリス 2.3 吹き飛ばし
UR 周囲 レイジコング 5.8
UR 周囲 ダイダリオン 2.8 シビレ
SR 周囲 ローズミー 0.5 毒20秒
SR 周囲 オクトヴァース 0.5 毒10秒
周囲 フェアリザード 1.9 上吹き飛ばし
周囲 ウーバービーバー 3.1 上吹き飛ばし
周囲 ビリリット 1.8 シビレ
N 周囲 カゼタチヌ 3.8
N 周囲 ボルケータス 3.8
N 周囲 ハナプーゴン 2.1
UR 連射系 ガトリンウルトラ 0.5(10) 20発
R 連射系 ガガガガトリン 0.25(5) 20発
SR 近距離系 ジャックアッパー 4.6 上吹き飛ばし
R 近距離系 トドロック 1.3 叩きつけ
R 近距離系 ヌタウツボ 2.4 8秒攻撃力中ダウン
近距離系 ライノット 3.4 上吹き飛ばし
近距離系 ハタキドラ 0.6 上吹き飛ばし
近距離系 ヤンチャラ 2.3 叩きつけ
UR 突進系 ガイモス 3.5 シールドブレイク
SR 突進系 イノッシン 2.1
N 突進系 ジェットシャーク 0.8 シールドブレイク
N 突進系 ラッシュブレイド 1.7 シールドブレイク
N 突進系 プロペダイル 1.2
UR 爆発系トラップ ハイパーボム 4.1 吹き飛ばし 
爆発系トラップ ブービーボンバー 1.2 吹き飛ばし 
爆発系トラップ エアロジャマー 2.3 8秒間スキル封じ 
爆発系トラップ ハリマンボー 1.7 シビレ   
N 爆発系トラップ ブルーマイン 2.1 吹き飛ばし
N 爆発系トラップ グリーンマイン 2.1 吹き飛ばし
UR 設置、タレット系 リベリオウルフ 1(19) 8秒間 最大19ヒット
SR 設置、タレット系 セプタコプター 1(26) 15秒 最大26ヒット
設置、タレット系 レイジブルド 1(36) 15秒 最大36ヒット
設置、タレット系 アクトタレット 1(22) 15秒 最大22ヒット
SR ムーブ ホノウッキー 1.1 4発?
SR ムーブ クックロン 1 シビレ
R ムーブ スカパンク 0.7 4発?
キッカー KS ココ 2.5 叩きつけ
キッカー SS ココ 5 吸引+叩きつけ
キッカー KS ツバメ 2 ガードブレイク可能
キッカー SS ツバメ 0.5 上吹き飛ばし
キッカー KS ユイエン 0.8 引き寄せ
キッカー KS レンホー 1.2 移動速度低下
キッカー KS ディアトリウス 1.2 吹き飛ばし
キッカー KS ルリハ 1.2 シビレ
キッカー KS アンナ 0.15 6ヒット 拘束

()内はフルヒットした場合の合計倍率 

 

 ホノウッキー、スカパンクルに関しては一ヒット目のみダメージを確認、ヒット数は画面にそう表示されただけでどういう風に当たったかは目視では確認できませんでした。 またピトフィはKSを相手に当てることが出来なかったので断念しました。それにどうせあいつ攻撃力ころころ変わるしあんま意味ないって(暴論) それでは最後までご覧頂きありがとうございました。ノシ

マスクを探して数里行for田舎~都会の波及~

 ブックオフでシリーズ物の小説を中古で買ったらそのうち2冊は既に持っていた。

 どうもおはようございます藍日です。最近某新型コ〇ナウイルスのおかげさまでマスクの売れ行きが大いに繁盛しているようですね。売り切れも続出だとかでファッションにマスクを取り入れている方にとっては一大事なのかな、なんて風にも思ったりしています。私はちなみにマスクを防寒具の一部とみなしていた時期があります。顔を守ってくれるし。 さて、そんな人気急騰中のマスクですが、ニュースとかだとどこにも売って無いだとか、メルカリで転売祭りだとか言われていますね。そこで果たしてそれは都会のワンスポットの出来事であるのか、それとも身近に自分の周りでも起きているのか好奇心旺盛な藍日は調査に乗り出すのでした。徒歩で。ノリで。

 巡ったのは某ドラックストアにそのほかのスーパー的な店だったりで大体6店舗くらい。意外と少ない。あ、勿論ぷらいばしーなんで名前を伏せています。大事大事。

そしてそんなにもったいぶるようなことでも無いので結果報告。

私が行った中でマスクを売っていたいたのは一店舗だけでした。それもかなり高めかつ内容量が少ない感じのものでしたね。他は入荷予定未定という文字が大体貼られていました。……これって本当に未定なのか、それとも予定書いちゃうと人が殺到しちゃって困るからぼかして書いたろみたいなことなのかなあとか思っちゃいました。いや別にどっちでも良いんですけど。

 今回の調査結果は数年前のポケモンカードブームを彷彿されるところがありました。あの頃もあり得ないくらいどこもかしこもカードのパックが売り切れていて片田舎でありながら、他の県や地方と同じような現象が起こっている事になんだかちょっとした嬉しさを感じていたような気もします。(まあポケカはやってないんですけど

 

 そしてちょっとした考察

 私の中の感覚の話なんですが、おかしな話ですけれど新型コロナウイルスを防ぎたいって気持ちよりもマスクが欲しいっていう感情の方が先行している事に気がついたのです。どういう話かというと、ウイルスを防ぐための手段ってのはマスク一つでは無くて複数有るわけですね(うがいなり消毒なり)。それにマスクに関してもマスク以外のものでマスクたり得る者を装備出来ればそれで良いわけです(お店で完売の張り紙の傍に簡易マスクの作り方が書かれているのを見て)。更に言えばマスクであってもウイルスを防げるマスクである必要があるのです。……まとめると、ただただマスクがあればオールオッケーという風に私は感覚的に感じていましたが今回は事が事なだけにもうちょい冷静になって目的に合った手段をゆっくり考えてみよう、という独白でした。普段は目的と手段に齟齬をきたしていようがそこは愛嬌というところで済ませられるんですけどね。 

 まあそれはそれとして今後としては何とか供給が追いついて行くと良いですね。皆さんの手に余るほどに。では

 …ちなみに皆さんの周辺も割と売り切れてたりするんですかね?(姑息なコメント稼ぎ)

 

 執筆時間約40分

 推敲時間約5分 

 満足度:大

 1252文字 

 

 

 

 

 

 

 

元古参コンパス民が引退して復帰出来ていない話

 はじめに

 

 やあ。どうもコンパス元古参ユーザーのあんハピ♪難民です。名前は当時適当に好きなアニメからつけました。好きなタイミングで改名しようとしたらあまりにも身内に浸透しすぎて変更するタイミングを逸したという過去を持ちます。今回は私が一年ほど前までプレイしていた「コンパス」というゲームを引退してそして復帰していない理由をただただ説明するという身内向けの記事です。でも私は親切を自然に押しつけるタイプでもあるので何故か事情を全く知らない人で分かるように書きます。

 

 ①ゲームの説明(既プレイヤーはスキップ推奨です)

 

 皆さんはスマホゲームは今のご時世結構やってらっしゃると思うのですけれど、

 ご多分に漏れず先ほどから名前を出しているコンパスというのもスマホゲームの一つです。内容の9割くらいは3人チームによる対人戦が占めているゲームです。類似のゲームを挙げるのであればスプラトゥーンをイメージして貰うと大体一緒だと思います。大体はね。さらにゲーム性について補足するとこのゲームはまず好きなキャラクターを数十人の中から一人を選んで(RPGにおける攻撃役、盾役、回復役、バランス役みたいな違いがキャラクター毎に存在します)、その後にカードを4枚選んで(こちらは攻撃、ガード、回復、特殊効果などの効果があります)、それを戦いの中で好きなタイミングでカードを使って、3分の内にマップに存在する5つの陣の内3つ以上を占領していた方が勝利となります。

 ちなみにスマホゲームとしては課金要素がついて回るものですがコンパスに関しては、キャラクターでは無くてカードが課金のメイン要素となります。カード自体は攻撃やガードと言った効果もありながら、のみならずそれぞれにレベル、パラメータ(体力、攻撃、防御)が設定されており、同じカードを一定数所持する毎にカードのレベル上限が上がりパラメータが大幅に強化されます。当時の私がやっていた時は最初のレベル上限を1段階目とすると5段階目まで存在していました。ちなみに全部のカードが1段階目の人と5段階目の人が戦うのであればプレイング云々以前に勝負になりません。1段階目の人と2段階目の人では後者が圧倒的有利ですが役割によってはプレイング次第で何とか勝てたりもするかなといった次第です。まあどこのスマホゲームでもよく見る光景ですね。ゲームの説明については大体こんなもんですかね。

本題

では改めて私がコンパスを引退するキッカケであったであろう理由と復帰していない理由について説明します。まずは私がコンパスを始めてから遠のくまでを簡易的にまとめましたのが↓になります

 

私がコンパスを始めてから遠のくまでの簡易的なまとめ

最初期

ゲームを上手くなりたいのでスプラトゥーン2発売前の前哨戦としてコンパスを始める。(たまたまフォローしていたポケモンスプラトゥーン実況者が宣伝していたのでそれで知った。リセマラはジャスティスが最強!って言ってたがなんとか真に受けなくて良かった。)→右往左往しながら、攻略サイトも無いので一人で黙々と最高ランクまで上げる。→ニコニコ生放送で放送している人のコメント欄に出没して誰彼かまわず共闘しだす(全盛期)→特定の人の放送に何度もお邪魔する内に知り合いが増える。それからしばらくしてヘッドフォンを購入してスカイプで通話コンパスをやり始める。想像以上に嵌まり結構な深夜まで起きてしまう(夜にあまり強くないし翌朝凄いだるくなるけどやめらんねえ)。

→→→そこからしばらくたって……スプラトゥーン2が発売してコンパスそっちのけになったりデレステやらミリシタやらに嵌まる。→諸事情でコンパスを一人でやらなくなってくる。→しばらくして体を壊したため療養。一年間コンパスを封印する。

 

最後の二段のあたりを少し丁寧に説明します。

 コンパスを一人でやらなくなった理由 その①

 

 突然ですがスマホゲームというのは期間が長くなれば長くなるほどユーザーは勿論増えていくし、元々居たユーザーの質(やりこみ具合)も深まっていく。ユーザーのやりこみ具合っていうのは大別すると二つあると思っていて、全員が可能なプレイングに関する努力と、資産が必要な努力形態としての課金という二つの形じゃ無いかと思います。この二つを合算したものが、より洗練されている人が勝つ、という風に考えています。僕は後者が身分的にほぼ不可能だったので(今思えば頑張れば可能ではあったんですけど)、前者のプレイングに関する努力で補わないといけませんでした。ただ、私は元々は感覚派で、数をこなす以上の上達法が分かりませんでした。というのもゲームという息抜きの趣味の領域で頭を使いたくないというスタンスでやっていて(当時は)、ソシャゲは攻略サイト必携だし、コンシューマーゲームもも攻略本を見ながら攻略するのが好きでしたし、ゲームの粗もあまり気にならずに、良いとこばっかに気をとられて一つのゲームを飽きずに何年もプレイするような感じでした(あくまで一人プレイのゲームに限りますけれど)。ポケモンとか無双とかパワプロとかですね。で、それがどう話につながって行くかというと、ゲームで巧くなるための努力の仕方が分からないと言うことです。リリースから1年以上の期間が経ち周りのプレイヤーのプレイングも洗練されてきた頃、私は昔ほど勝てなくなってしまいました。というか負けていました。これまで勝つことでモチベーションを高めていたのに急に勝てなくなってきて正直楽しくなくなってきたのです。なんかあれみたいですよね、お金持ちがお金を使い果たて今は羽振りが悪いけど昔の放蕩ぶりが忘れられないみたいな。そのため私はらしくもなく勝って楽しくなりたいが故に勝つために考えてプレイするという方針をたてました。

 結果としては上手くいきませんでした。苦痛という感情がほとんどを占めていたような気がします。これは自分の悪い癖なんですけど日常的にもよく最初からハードルを上げすぎるんですよね。まあ人間ですので本来は欠点やら弱点の一つ二つもあった方がむしろ人間的には親しみやすく迎えられるのでしょうけれど、当時の僕はなにぶんそんなに人間的に老成されては無かったので、ただただ自分の理想と現実のギャップを苦々しくこそ思いはすれど嬉々として迎合することは出来ませんでした。結果、戦いに勝ったとしても自分の至らなさがいやに目につき、負ければすべてが悪かったように思えてきてだめだめな状態になってしまいました。この泥沼から最後まで抜け出せなかったが為にコンパスから距離を置いたことは間違いないかなと個人的に思っています。余談ですが、努力に関しては自分に合った努力をした方が良いと思います。人の良き面を見て自分の至らなさを叱責するよりは、自分の良きところをまず無理矢理にでも見いだしてそこを認めてから、気分良く本当に自分が何をしたいのかを考えてみると良いと私は考えます。

  

コンパスを一人でやらなくなった理由②

 

 自己以外に原因を見いだし、そうと決めることは割と勇気が要ります。原因を自分以外に求めすぎるのは個人的には控えるようにしているのですが、といっても全部の原因を自分に求めるとすればそれは最も大事にすべき自分の体に毒となります(実体験)。    ただし、勿論外部に原因を求め、今回はそれを公の場で表す訳ですからなるべく配慮した書き方に尽力します。一丁前に自身の主観を客観キチンとでコーティングしないといけないと言う風に思っているので。

 では本題。私はツイッターをやっていて当時はよく「コンパス」で検索したりしていました。すると悲しいかな対人ゲームの関係上比較的攻撃的な呟きばかりが散見されているのでした。……まあ良いことがあってもそれを発信しなくても良いですけど、悪いことがあった場合は発散しないと気持ち悪いからそういうものばかり散見されるのかなとか思ったりもしていたんですが、それにしてもしんどかったです。人に強いる事はしませんが、自分自身は相手に攻撃されても攻撃仕返ししない方が良いと思いますし、仮に自分の価値観で相手が悪いと思ったとしても、それを発信した時のことを考えると周囲の人が見たときに嫌な気持ちになるかなあとか思って自分が我慢すればいいかと思って耐えることを美徳としています。それに結局自分が絶対に正しいわけでは無いので、お互いがお互いをリスペストしている対話というのを理想としています。あまり楽しい話では無いので割愛しますが、コンパスというワードに対してマイナスな発信がツイッターで多すぎたこと、また更には上位層のプレイヤーでもゲームの性格上避けられないのかもしれませんが温厚な人は少なく(あくまでも私自身の考えとは)相容れないように思えてしまったので、コンパスに対するイメージもそれに引っ張られてしまって自分の中で落ちてしまいました。まあどちらかが悪いとかそういうことでは無くて、部活で全国を目指している派閥と楽しめればそれで良い派閥があって私の好きな派閥が少数派であるとすればそれを理由に抜けることもやぶさかではないよねって感じです。是に関しては私が潔癖すぎてもう少し寛容な視点を持っても良いのになと自戒している所もありますし。

 一応まとめると、コンパスというコンテンツをプレイする上で自分にとって「楽しい」要素が少なくなってしまってモチベーションを維持しづらくなってしまったという感じです。

 

③その後復帰できないことについて

 

→シンプルにリアルで体調を損なう。お薬+アルファでなんとか体の調子を数ヶ月かけて治す→深夜まで起きると疲れが取れないのでなるべく12時以降は起きないようにする→今までゲームを深夜にしていた為自然とコンパスをする時間が減る→休養時はなるべくストレスのかかる事から避ける→コンパスから避ける。

あと更に言えば先ほどまでに挙げた二つの理由がそのまま復帰しづらい理由ともなっています。 

大体こんな感じです。体を壊したことについては話す機会があればまた別の機会で。

 

最後に

 

 ここまでご覧いただきありがとうございました。ずうっと抱えていた荷物を下ろせたような気持ちですがすがしいです(?)。次の機会があれば少しでも今より楽しい文章をかけるように頑張りたいと思います。変に真面目な話を長々とすいません、そして改めてありがとうございました。

 また、これまでコンパスにてお世話になった方々にも何故かこの場を借りて感謝を述べたいと思います。ニコニコ生放送でのいろんな生主さんには当時とても楽しまさせて頂きましたし、普段親交のあった方々との時間も今でも思い出せるくらいに素晴らしいものであったと胸を張って言うことが出来ます。皆々様の行く末が素晴らしき事になるのを祈っています。あでゅー。

 

 

 

 

自己紹介的な何か

大体ここでの文面である程度の人柄とか性格とか特徴とかを掴めるんじゃないかなぁと思います。

 

鷺沢藍日(成年済み)

 

多分誰も欲しくない情報だと思うなこれは……

まあでもそれなりに良識は「持っているかもしれない」年齢ではあるという事にはなるかな?プロフィールを詳細に記述しないのはなんとなくそっちの方が想像の余地が広がって面白いでしょ?という目論見。気が変わったら変更するかな。

 

自分が把握している限りでの性格

自分自身も自分の事が完全には分かってないのでそれを人さまに紹介する事が非常に難しい…… 根幹は何も考えないで欲望へと突っ走るどうしようも性格なのだけれど、最近(僕の言う最近は大体1日前~1,2年前のライン上)はそれを理性でコントロールしようと頑張っている……気がする。何も考えていない人については説明したくないので、なるべく最近の自分を基調にしてざっくり説明すると、

「幼少期から素直さに磨きをかけた結果、あからさまな場合を除いて(自分を含めた)人を疑うというプロセスが大幅に欠如し、それを最近になって自覚し改善に取り組んでいる。」

具体的な例を出そう。

 

Twitterにて~ 自分を疑うver

ー下書きー

 

はぁ、今回の文香も可愛い…… 一年ぶりくらいに曲を歌ってくれたけど想定してた数倍のクオリティやったわ…… どの位置で編成しても全部可愛い。 この頃の疲れを癒してくれる神イベントかよ…… 添い遂げたい……

ーーーーーー

ー脳内ー

(投稿を押す前に内容を確認しておくか…… 

①うん、文香が可愛い、これは真理。いや、でもそれを言葉で証明する術が思いつかないな…… 何十年後の自分が文香を見てまだ可愛いと言える為にちゃんとした理由を探すべきかもしれない……

②一年ぶりのイベント……って咲いてジュエルが一年前だからそれは当たってるはず、でも実際にソース確認はしていないな。念のためしておくか

③どの位置で編成しても可愛いのは分かるけれど、実際全部が均等って訳じゃ無くてある一定以上の水準を保った上での全部可愛いって事だな。まあ文章に誤りはないし自分の認識を改めておこう。

④添い遂げたい 添い遂げたいってそもそもどういう意味だっけか?ずっと一緒に居たい的なニュアンスだったかな? でも確か性格的に一番好みなのは藍子(あーちゃん)だから添い遂げたいってのは少し違うのかもしれない。ずっと見ていたいとかが正確かな?)

ーー

ざっくりこんな感じ。まあ恒常的にこうなっているわけでは無くて意識がメチャクチャはっきりしている時に限ってこうなるって感じかな? ちなみに人に対してはあまりそういう事は言わないようにしています。

趣味

ここ最近は多忙の身であまり自由に時間が使えない事が多いけれど、空いている時間はネットサーフィンかデレステ、ミリシタ(どちらもスマホリズムゲーム)が主でそれより頻度は落ちるけれど気まぐれでコンパス、ガルパ、スクフェススマホゲーム)、好きな実況者の動画を見る(ニコニコ動画)とか漫画を見るくらいかな?

 

 

ここに列挙したものについては大体は後々に記事にする予定。

 

 

趣味2

小説を書く事、思考する事

なんとなくさっき列挙したものとは区別したかったのでこういう形に。疑問は次以降の記事で解決させます (そればっかだな)

 

 疲れたのでまた今度気になる事があったら記事にします

この記事にかけたおおよその所要時間:40分